ORINASUプロジェクトは「織(オリ)物を題材に多様な視点からアイデアを考え、事を成(ナス)し遂げる〈形にする〉」というコンセプトで織物とIOT技術を融合したモノづくりからスタートしました。現在は織物だけではなく、多様なマテリアルを題材にデジタルファブリケーション、情報技術などを活用した総合的なモノづくりへと発展しました。

​新着情報